TOP.jpg

制作者について/About  KYOCO (植村恭子)

鹿児島出身。歴史地理学専攻。

NPOへ就職し、桜島ビジターセンターの運営スタッフであった

2016年4月の熊本地震をきっかけに、火山灰を使って絵を描き始める。

2020年コロナ禍でキャンバスに灰を定着・固定する方法を試行錯誤し現在に至る。